« 青白ヒコーキ | トップページ | しまった、冬が来てる »

2006年10月 8日 (日曜日)

山は危険

こんばんわ〜。

また県内の山で遭難がありました。
死亡者も二人出ているらしく、お気の毒です。
私も軽い山登り程度ですが、登山が好きなので、
登山者の事故のニュースは悲しいです。

事故を起こす人たちの気持ちは分かるんですよね。
わざわざ長野まで来たら、少々の悪天候でも登りたくなるんですよね。
今回事故に遭われた方も、九州からいらっしゃってたとか。
ただ、ここらの山では、甘すぎる考えです。
10月初旬にまさかと思われるでしょうが、
今日のような天候だと、山頂付近は吹雪だと思います。
私は素人のくせに山の怖さは研究しているんですよ。
なので、あんなに好きだった山登り、長野に来てから一度も行っていないです。
こちらに、登山する仲間がいないんですよ。
つまり、行くとなると単独登山になってしまい、
その上、2000mを越す山ばかりなので、経験不足もあり恐いです。

そういえば、長野に越してきて最初に住んだ家は、
遭難者救助ヘリの航路(??)の真下でした。
土曜日に遭難者が出て、日曜の朝、救助ヘリが真上を飛んで行きます。
なので、日曜の朝から、暗い気持ちになりますよ。
夕方くらいのニュースで、死亡者の数や場所が報道されると、
「死んじゃったのか」とまた暗い気持ちに。。。。

あと、日本の遭難はお金がかかるので大変です。
海難事故の場合は、巡視船が何隻出ても、
助かれば後に茶菓子を持って行くくらいで良いそうですが、
山の場合は、ヘリコプターが200万円から、
捜索隊一人につき2万円以上かかるそうです。
山岳保険もありますが、全額給付されるものは確かないし、
それよりなにより、死んでしまったら元も子もないので、
みなさん、山は気をつけてくださいね。

ちなみに、スキー場でコースアウトしてしまい遭難した場合でも、
実費が請求されるようです。
今年はスキーも何度か行こうと思っているので、気をつけないと。。。
この辺はスキー場も標高がかなり高いし、
急な悪天候になると、本当に恐いんですよね。
方向がまるで分からなくなりますよ。
降りていけば着くだろうなんて思っていると、
尾根を反対側に下り、身動き取れなくなったりするようです。

さて、寝よう!
明日は新潟まで行くんだった。

|

« 青白ヒコーキ | トップページ | しまった、冬が来てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青白ヒコーキ | トップページ | しまった、冬が来てる »