« 3連休は | トップページ | 皿洗い »

2007年2月14日 (水曜日)

生パスタ〜

こんばんわ〜!!

今日は、いつも遊んでくれる先輩にパスタを送るために、
工場にパスタの増産をお願いしていました。
ついでに、うちの分も作ってもらったんですよ。
ただ、、、、、うちの自宅用まで、まともな値段を取られるんです、社員なのに。
この「ケチ」な感覚が、発展することもないですが、潰れる事もなく、
「老舗」なんて呼ばれるような会社でいられる所以なんでしょうね。
内向的な会社に、風穴を開けて、「競争」ができる会社になれば良いと思うし、
その手助けができる社員になりたいなと、強く思います。
「老舗」で満足して、家族が食えれば良いという意識が強いなら、
いつでも辞表出しちゃうもんね〜〜〜〜。

パスタは、まだ試行錯誤の段階で、製品としての規格が決定していないのですが、
ようやく、レシピが決まった段階で、安定した味ができるようになりました。
課題は、断面の形状と、厳密な太さの設定です。

麺を作る上で大事な事の一つは、加水率を、温度や湿度によって変える事なのですが、
そこは流石に「うどんも作れる蕎麦屋」、
パスタでも、完璧に仕上げてきます。
あとは、新規で始めたこの製品を、どれだけ売って回れるかが、
私の使命です。

で、会社の話なんかどうでも良いのですが、
今日、せっかく「通常料金」で買ってきた麺を、また料理してみました。
「カルボナーラ」です。

これは、とても妻の前では話せない、歴史ある私のレシピなんですよ。
15年も前の恋人に、素になる作り方を教わり、
そこから、15年かけて今の味にした料理です。
でも、簡単な料理なんですよ。

今、コツをいくつか箇条書きしてみると、
一、 ワインの味をよく知る事
一、 ベーコンだけはこだわる事
一、 生クリームの匂い消しに「昆布茶」を使う事
これで十分な料理です。
アメリカ人が大戦中に、卵が食べたいというだけで、
進駐先のイタリア人に作らせただけの、
とても「イタリアン」と言えない料理なので、
雑に自由に作れば良い料理だと思います。

ちょっと写真だけ載せま〜す。
Dsc00213_1
Dsc00217_1

いきつけのバーで分けてもらった、手作りのベーコンなんですよ!
この香りが最高です。
薫製も「クセ」が特に出やすい食材になるので、
香りや塩分を考えて料理するのが、とても楽しいですよ。

|

« 3連休は | トップページ | 皿洗い »

コメント

15年前っていうと…

投稿: のっち | 2007年2月15日 (木曜日) 午前 12時15分

おはよ、のっち!

今日は休みだ〜〜〜〜!

なんだよ、そんなとこだけ反応するな〜〜〜〜。
えりちゃんだよ、えりちゃん!!

元気にしてるかなぁ、
実家に行くと、未だにえりちゃんが描いてくれた絵や、
オブジェが飾ってあるよ。

幸せに暮らしていたらいいな。

投稿: つかちん | 2007年2月15日 (木曜日) 午前 08時33分

こんばんは
さきほど、家に電話したら、蕎麦届きましたって!
ありがとうございました!
なんか、大量に入ってるとか!

うう〜、明日が楽しみ〜
会社では、皆が勘違いして、本日食べる気マンマンで
ザルやら山葵やら海苔やら用意してましたが。
明日だよ〜ん。
経営コンサルタントとしてのレビューをバックしますね。

で、お礼に何送ろうかな〜って悩んでます。
牡蠣はもう飽きた?

投稿: atta | 2007年2月15日 (木曜日) 午後 08時41分

こんばんわ〜、attaさん!!

無事に届いて良かったです。
何せ「老舗」だかなんだかで、
コンピュータにもうとく、
attaさん宛ての宅急便伝票が、
当社初のパソコン原票なんですよ。
(宅急便原票打ちも、何故か私の担当に)
ちょっと私もちゃんと届くか心配でしたが。。。。

お礼なんて、とんでもないです、
自社製品で、本当に社員価格のような値段で
もらっているので、
気になさらないで下さい。
転職のご挨拶も兼ねてですし。

パスタ、松本市にあるパスタ屋さんの規格で、
超極太麺なのですが、
よろしかったら、感想聞かせて下さいね〜。
一人前100gで食べ応えある麺です。

投稿: つかちん | 2007年2月15日 (木曜日) 午後 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3連休は | トップページ | 皿洗い »