« ひろしま | トップページ | 「担々麺」その2 »

2007年10月 9日 (火曜日)

「担々麺」習作

広島で食べた担々麺の味が忘れられず、
連休最後の今日、また料理をしていました。

Dsc00460
まずは買い出し。
うちに無かったり、古くなってしまった物を、
新しく買い換える熱の入りよう。
ザーサイと温泉卵は出来合いの物を調達!!
便利です。。。。。

Dsc00461
お店で感じた味を全部同量ずつ混ぜてみました。
花椒、ラー油、芝麻醤、酢、醤油。
料理の実験の時は、まだまだ初心者なので、
なんでも同量ずつ混ぜて、二回目以降に作るとき、
足したり引いたりしています。

Dsc00462
Dsc00463
これは、ひき肉を炒めたところ、
肉みそとでも言うのでしょうか、
以前に中華料理に凝った時に、料理の本などで勉強した、
ごく一般的なレシピです。
醤油と甜麺醤で豚ひき肉を炒めたものです。

Dsc00464
ザーサイとネギのみじん切り、
これも、担々麺の基本だと思います。
汁のある担々麺を作る時も、必ずこれを入れます。

Dsc00465
麺を茹で、さきほどのドンブリに載せ、
みじん切りと温泉卵をトッピング!
もちろん、さきほど炒めたひき肉も!!
このひき肉、味見してみたのですが、意外に美味しいです。
ご飯に載せて食べられるかも。。。。。豚そぼろご飯!?!?

Dsc00466_2
青ネギは、細いのしかなかったので、
とりあえず、多めに。
もっとかけても良かったかな。

Dsc00467
広島のお店でも書いてあったように、
「10回以上混ぜる」を実行して、できた感じ。
うぅん、もっと色が濃かったような。。。。。
汁気も、油っ気ももったあったような。。。。。。

で、食べてみたのですが、
足元にも及ばないけれど、似てるかも!!!!!!!!
改良を重ねれば、もうちょっと近づくかな〜。
辛さからして、ラー油はもっとたくさん入れられるし、
入れれば、油っ気も補える。
汁気は麺料理の基本、ゆで汁を加える事で補えるかも。
うぅん、面白い!!!!
誰から辛い物好きな人、うちに遊びに来ないかなぁ!!!
一応、人に出せる味でしたよ!

|

« ひろしま | トップページ | 「担々麺」その2 »

コメント

 食べた味を思い出しながら、自分で作るつかちんさんは、凄い。信じられないですわ。
 その能力をどんどん活かしてみては?

投稿: 日向夏 | 2007年10月 9日 (火曜日) 午後 09時14分

こんばんわ〜〜〜!!日向夏さん!!

中華料理は、個性の強い食材が多いのと、
私が凝ってよく作るので、
結構、感がついてきたかも!

でも、そこからが素人とプロの分かれ目、
誰でもある程度はいくものの、
そこから先は、気が遠くなるほどの世界が広がっています。

中国の料理の歴史もすごいです!!
それが更に地域ごとですから。
4つか5つに別れる中華料理は、
それぞれが一つの国家料理のように奥深いようです。

上手に日本人テーストにできれば、
きっと料理人になれるかも。

大丈夫です、とりあえず、ラーメン屋に転職ですので!!
明日から。
厨房でも働かせてもらえるので、
楽しみで仕方ありません!!

投稿: つかちん | 2007年10月 9日 (火曜日) 午後 09時30分

またまたこんばんは
作ったんですか!
すごい...
ところで、辛いもの苦手だったんですか?
申し訳ないことをしましたね...
それじゃ、こんど「つけ麺」発送します
ハラペーニョトッピングのお好み焼きも
是非食べていただきたいなあ。
辛いモンばっかりじゃ,,,

投稿: atta | 2007年10月10日 (水曜日) 午前 01時04分

こんばんわ〜、attaさん!!

作ってみたんですよ!!「担々麺」
意外に美味しかったです。自分でも驚き。
でも、お店のが食べたい。。。。。

辛いものは苦手ですが、
attaさんのブログなどを見ていて、
すごく食べてみたかったんですよ!!
食べて良かったです!!

でもなんで広島は辛い物文化が発展したんですかね。
四川料理を始め、インド料理やタイ料理は、
暑くて湿度が高いという気候から、
辛い料理が発展したそうなんですが、
広島は暑いけれど、湿度もすごいんですか?
近県、岡山、山口は辛口料理の印象ないのに。。。
不思議です!

投稿: つかちん | 2007年10月10日 (水曜日) 午前 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひろしま | トップページ | 「担々麺」その2 »