« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金曜日)

久々の製麵

こんばんわ〜、

昨日から、前にいた製麵会社に戻り、
お歳暮蕎麦、年越し蕎麦を作っています。

私の担当は、蕎麦を延ばして、切れる状態にする事です。
この機械、社長と社長の弟と私しか扱えないんです。
大きなローラーで、ロール状になった蕎麦を、
打ち粉を振りながら、切れる状態まで薄く延ばす行程なのですが、
いやぁ、、、、、
一日、一人で5000食くらい延ばしていると、
さすがに疲れる、、、、、(飽きる)

夕方は、松本までの配達も行って来ました。
懐かしいお客さんに会えて、本当に嬉しかったです。
実は、今度やるラーメン屋は、そこの近所、
ちゃっかり宣伝も怠りませんでしたよ。

妻以外友達のいなかった長野で、
たくさんの友人や仲間が作れたのは、
この製麺屋さんのおかげだったし、
自分の中では、忙しいですが、
盛り上がった年末になっています。

それにしても「年越し蕎麦」、
今年は大増産です。
今まで社長と弟で廻していた製造に、
私も加わって、昨日、今日と、あの工場での稼働率レコードを塗り替えています。

今日は早くも、来年、私が抜ける心配をしていました。
来年は恐らく手伝えないでしょう。
時間さえあれば、今の会社のメンバーみんなで蕎麦を作りたいのですが。

大晦日までの一大イベント「年越し蕎麦」を、
最高の品質、最高の生産量で頑張りたいと思います。

蕎麦粉、例年に比べ「新蕎麦」が遅れたりしていましが、
去年より味、香共に良いです。
温暖化で遅れたんですよね、
中国の方も、軒並み出遅れたという情報です、
世界規模ですね、温暖化。

| | コメント (2)

2007年12月25日 (火曜日)

正式決定ラーメン屋

こんばんわ〜、
本日、ラーメン屋開業が正式に決まりました。

と、いうことで、我がラーメン屋が、何ヶ月もつか、
みなさん、予想してください。。。。。。

メニューの柱は二種類です。
一つが、煮干の思い切り利いた「中華そば」。
もう一つが、どうしてもやりたかった「担々麺」。
どちらかが、少しでもヒットにかすれば、
何とかやっていけるんだけれどな〜。

店舗は二月から借りる事にしました。
ちょっと遅らせて、味の微調整をしたいと思っています。
ちなみに、どちらもほぼ完成はしています。

みなさん、長野にお越しの際は、是非、食べに来てくださいね。
じゃなかった、
わざわざ長野まで来て、5杯くらい食べていって下さい。

| | コメント (9)

2007年12月20日 (木曜日)

メンマアロマ

こんばんわ〜、
もう夜中の2時を回ってしまいました。

こんな夜更かしして、何をしていたかと申しますと。
「メンマ」煮てました。
試作メンマなのですが、
2kgも煮ると、流石に使い道に困ります。。。。。。

ちなみに、メンマを煮ると家中メンマの香りに包まれます。
先ほどの調査で、その香りは風呂場、二階にまで至っていることが
確認されました。

ちなみに、メンマの香りを充満させると、妻は怒ります。
今まで彼女の嗅覚を刺激して怒られたベスト3

第三位、屋内焼鳥事件(家の中で焼鳥屋ごっこをしていたら、妻が帰って来て激怒)
第二位、部屋でペンキをイタズラしていてこぼした事件
第一位、妻が潜って寝ている布団の中で「おなら」をした事件

第一位はすごいです。
話かけても、地震がきても、雷がなっても、
一度寝たら絶対に起きない妻が、
あの「おなら」の匂いにだけは飛び起きたので。
人の嗅覚がすごいのか、私がぶっ放した臭気が度を過ぎていたのか知りませんが、
今思い出しても愉快です。
目をしばしばさせていた妻の顔が印象的でした。
また懲らしめてやりたいな〜〜〜〜。
「あ!臭い」って、自分の事言ってどうすんだろ、「悪妻」

中国と日本は相変わらず海底のメタンを巡って火花を散らしていますが、
ごく微量ではありますが、うちにくれば高濃度メタンを供給してあげるのに。
石油の代用燃料にはなりませんが、
世の愚妻どもの目を覚まさせるには恰好の兵器です。

| | コメント (4)

2007年12月19日 (水曜日)

白馬で滑る

こんばんわ〜、織田裕二です。
すいません。嘘です。

今日は白馬で滑ってきました。
とは言っても、スキーでもスノボーでもないんです。
車が滑ったんです。
パワーのない軽自動車でも、道さえ凍れば、
ドリフトだってお手の物。
最小小回り半径も、前輪を軸に、車長より短くできるんですよ。

それにしても、本当に寒い冬が来てしまいました。
ここも白馬ほどではないですが、
十分に寒冷地と呼べる地域です。

ここに越してきて、驚いた事。
部屋の中に干していたタオルが、朝、板になっていた事。
お湯が入っていたはずの風呂場の洗面器が凍っていた事。
瞬間湯沸かし器の内部が凍結し破裂。台所水浸しになった事。
熱帯魚の水槽の水が、一日1リットル以上蒸発する事。
結露が凍って、勝手口のドアが開かなかった事。
ごま油やオリーブオイルが台所で固形になる事。
新幹線じゃないのに、冷凍ミカンが食べられる事。
石油ファンヒーターが設定温度になる前に、あえなくガス欠する事。
動物達が、縁の下や屋根裏へ冬眠しに来る事。
風呂に入る前、脱衣所で凍死しそうな事。
風呂場のタイルまで、凍ってあちこち割れる事。
大人でも、誰もが長靴を持っている事。
初めて地吹雪を見た事。
妻まで冷酷でおこづかいをくれない事。
妻まで冷酷でほかの女性と携帯でメールできない事。
妻まで冷酷で自分の分しか飯を作らない事。
妻まで冷酷で掃除をまるでしない事。

あ〜、春を待つより、新しい女房をもらった方が楽になれるかも。。。。。。
でも、最近は仲良く同じ布団で寝ているんですよ。
北極のペンギンをテレビで見ていて気づいたのですが、
ひっついている方が温かい。
原油高のあおりで灯油も高いし、暖房費の軽減にもなります。
ひっついてはいますが、そこに「愛」という言葉は介在しないのです。
今、私が妻を一つの言葉で表すとしたら「ほっかいろ」(又は「干し椎茸」)。
今、妻が私を一つの言葉で表すとしたら「ゆたんぽ」と言ったところです。
あ〜、新しい「ほっかいろ」欲しいな〜。
だって、あれって、、、、、、使い捨てなはず。。。。。

いや、この辺にしておかないと。
万が一attaさんにこのブログの存在を妻にちくられたら、
間違いなく追い出され、凍死してしまう。
(せめて温かくなるまでは、ちくらないでください)

さ〜て零時も廻っているし、愛妻の待つ布団に入ろう〜っと。

| | コメント (7)

2007年12月16日 (日曜日)

初冠雪

朝起きて外を見たら、
とうとう、町にも雪が積もりました。
と、行っても、2〜3cmの積雪ですが、
やはり12月も半ば、仕方がないです。

ちなみに、私が住む長野でも、
「中信」(松本を中心とした地域)では、
積雪がなく住みやすいのが特徴なのですが、
それでも長野は長野、寒いです。

ちなみに女房の育った大町市(ここよりちょっと北)は、
モーレツに寒いところです。
氷点下15℃になることもあるとか。

そのお隣「白馬村」は昨日の夜行ったのですが、
かなり降ってました。
今年はスキー場にお客さんたくさん来るかな。
スキー客の減少は、信州経済に大きな打撃を与えます。

ちなみに、スキーブーム最盛期の頃と比べると、
県外から訪れるお客さんは、
三分の一なんだそうです。

| | コメント (6)

ラーメン急展開

明後日、月曜日、
もしかしたら借りる店舗を見てきます。
場所は松本市郊外、
近所に超人気ラーメン店があるという、
超やる気が出るテナントです。

もしそこで開業するとしたら、
とりあえずの目標、
「給料ゼロでも良いから、赤字にしない!!」

スタイル、イメージは絞り切れたのですが、
なかなか思い通りの味が出ないです。
化学調味料をとりあえず使わない方向でレシピを作っているので、
やはり難しいです。。。。。

無添加への挑戦は、味が完成してからも戦いの日々なんですよ。
毎日、同じ味を出すのは至難の業です。

今までも、何軒か「無添加」の店へ行きましたが、
毎回、味が安定している店、まずなかったです。
やり甲斐はあるけれど、辛いなぁ、、、、、、、、

    atta先生へ〜
「きさく」さんとは、随分異なる味に仕上げるのですが、
「担担麺」やっても良いでしょうか、、、、、
商品名は「ちょっと汁あり坦坦麺」となる予定です。

| | コメント (4)

2007年12月 9日 (日曜日)

ラーメン屋の息子

製麵会社にいる時にできた、
ラーメン屋さんの店主と仲良しなのですが、
その子供がとても可愛いんです。

子供:「お父さんのラーメンおいしいんだよ」
店主:「このおじさんもラーメン屋さんだよ」
私:「おじさんのラーメンの方がもっと美味しいよ」
子供:「ラーメンどうやって作るの?」
私:「お鍋に豚の死骸と鳥の死骸と魚の死骸といらなくなった野菜を入れて煮るんだよ」
子供:「そうなんだ〜、気持ち悪い〜」
店主:「なぁ、やめてくれないか」
私:「でもねぇ、グルタミン酸ナトリウムというお薬をたくさん入れるから美味しいんだよ」
子供:「????????」
店主:「本当に嫌な奴だな」

さて、おじさんは土日と店が忙しく、
ラーメン研究ができませんでした。
色々やっていくと、やりたい事が増える一方で、
なかなかスタイルが固定できません。
ただ美味しいだけのラーメンならできるのですが、
なかなかインパクトのある独自な味が出せません。。。。。
私もお薬使おうかなぁ、、、、、
でも、、、、、なかなか勇気が。
「儲かるラーメン」と、「玄人も唸らせるラーメン」、
本当にここで別れます。
料理人としてのプライドが、、、、、

って、昨日今日、厨房をウロチョロするようになった新参者ですが。

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土曜日)

クリスマスプレゼント

attaさんの記事の中で、
お嬢さんのクリスマス問題についての記述がありましたので、
今日は、我が家庭におけるクリスマス問題について書こうと思います。

クリスマスイヴは、うちにとって、重大かつ最悪な日なんです。
そもそも桁外れに記憶力を有さない上、
祝い事を敬遠する傾向にある私は、
結婚記念日を忘れないために、12月24日に籍を入れたんです。
たまたま大安の年でもあったので、
(全国には、この日に籍を入れたカップルは無数にいると思われます。
           何組が生き残っているのだろう、、、、、、)

当初は結婚記念日を忘れない上、2つのイベントを1つにまとめられると、
我ながら画期的な発明と自賛していたのですが、
裏目に出ました。
ただの結婚記念日なら忘れたふりもできるし、
ただのクリスマスなら「子供じゃあるまいし」と片付けられたのに。。。。
妻と一緒に過ごさないとならないのです。。。。とほほ。。。。。。

今年は、行きつけのバーの忘年会や、
こちらでできた友人達とのクリスマス会、
「用もなく東京の繁華街をぶらつくツアー」など、
色々、周囲から企画が持ち込まれたのに、
どれも参加できないかも、、、、、

だって、、、結婚記念日でクリスマスイヴ、、、、、、
くそ〜〜〜〜〜〜〜!!

で、全然関係ないのですが、
本日、妻にクリスマスプレゼントを買ってあげました。
どうしても欲しいと騒ぐし、安いから良いかなぁと思って。
プレゼントは!!!

Gacktの写真集です。

もうちょっと、歳を考え直してみて欲しいです。。。。。。。
安くてラッキーだけれど。。。。3、150円

| | コメント (6)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »