2006年11月 6日 (月曜日)

土門拳

ただいまぁ〜。
半日、本読んだり、字書いてたら、疲れた。。。。。
集中力も切れるし、頭って退化するんだなぁ、、、、、
去年くらいから、本を読んでいると眠くなるという兆候がでてきたし、
もう、頭は知識を受け付けないんだわ!!!
暗算も遅くなったし、友達の子供に2次関数教えてとせがまれ教えていたら、
急に頭の中、「黄桜」の音楽流れ出す始末。。。。
♪〜かっぱっぱ〜るんぱっぱ〜

そうだそうだ、そんな事書く予定ではなかったのだ。
京介さんが、同じカメラを持っていると聞いて、
なんで私がキャノンのカメラを買ったか、その経緯を書こうと思ったんだった。

中学生くらいの時だったと思うのですが、
ある写真家の写真を見て、「なんて写真て面白いんだろう!!」と思ったのがきっかけです。
その写真家が土門拳、
土門拳の室生寺の金堂の中にある、仏像の写真を見て驚きました。
たくさんの仏像が並んでいるのに、ど真ん中に柱立ってるんですよ。
もちろん仏像も何体か柱に隠れています。
「なんて、自分勝手な写真なんだろう!!なのに、なんで失敗写真に見えないんだろう!!」
写真って、自由で良いなぁ、自分が見た通りに撮るだけで人に伝わる事もあるんだな、
子供なりに色々な解釈をしながらも、ただその自由さに憧れました。

Dsc00108
これは、その当時にこづかいで買った土門拳の写真集、
未だに大事に持ってます。
結構見たのか、製本もほころび、ボロボロなのですが。。。。。

この写真集を買って気づいたのですが、
土門拳の写真のおもしろさは、
古寺の写真だけではなかったんです、
人物、特に炭坑の町、筑豊の子供達の様子を撮った写真や、
戦前、戦後の混乱を撮った街の写真。
自分もカメラを持って、外に出たくなりました。

でも、中学生にはカメラは買えず、
機種も忘れましたが、父親が昔使っていた、レンズのかびたミノルタで、
多摩川、八高線、猫、妹、草、おばあちゃん、立川の街などを撮っていました。
また、子供の小遣いで、現像とプリントまで出せるフィルムは、
月に36枚撮一本くらいだったと思います。
子供の頃からの憧れで、二十歳くらいになって初めて買ったカメラが「F-1」でした。

このカメラを買うのと同時に、自分で写真を焼いたり、
長尺フィルム買ってきて、自分でパトローネに巻いたりするようにもなりました。
何しろ、モノクロ写真を山ほど撮りました。

あっ、もう一つ写っている写真集は、最近買った、盆栽の写真集です。
盆栽にはあまり詳しくないのですが、
この写真集、見ていて飽きないですよ。
木なんて生きていて、写真撮られている間も光合成をしているのに、
無機質なバックの中で生えていると、妙に「命」が強調されて、
恐ろしいオーラがあるようにも見えてきます。
また、「形」ってなんだろう、と説明が難しい疑問が沸いて、
見ていて不思議です。あと、リラックスできます。

不思議な盆栽の世界を眺めていると、
妻は私が盆栽を不思議に思う以上に、私を不思議と感じるらしく、
どんなにヘヴィーな言い争いをした後でも、この本さえ眺めていれば、
何も言わなくなります。
ついでに、「なぜ、火星と金星には、赤松もかえでもまゆみも柿も生えてないんだろう」
と話しかけると、いよいよ台所に逃げ、友達に電話をかけます。
「また、うちの旦那おかしくなった、、、、、、」って。
ちょろいもんです。
盆栽本ある限り、悪態の限りを尽くせるのです。

なんだか、長くなりますが、
美術学校に行った友達が、「写真」の課題を与えられ、
街の人々を躊躇無く正面から、
自然な表情のまま撮ってこいと言われたらしく、
付き合わされた事がありました。
夕方、新宿で待ち合わせして、お手伝いとばかりに、
私もカメラを持って行ったのですが、なかなか面白い人がいなくて、、、、
時間だけが過ぎ、空も暗くなりはじめた頃、
やっと見つけたのが、エナメルの靴を履いて、開襟シャツ着た格好良いお兄さん。
パシャッ!

「おぉ!こらぁ!!なに撮っとんのんじゃぁ!!」
夜の歌舞伎町を、友人と本気でジョギングした思い出があります。
区役所まで来て、二手に別れて逃げました。
後で現像したら、シャッター押した瞬間に、相手はすでに本気モードでした。
とんでもない課題出すもんだ、芸術学校は、、、、、、生徒、命がけじゃん、、、、

| | コメント (6)

2006年9月25日 (月曜日)

シャッター切れない!!

写真についての書き込みって初めてするのですが、
困りました。。。。。

今はデジカメに変わってしまい、
フィルムを使うカメラはめっきり使わなくなってしまいましたが、
私の思い入れが強いカメラがあるんですよ。

Dsc00117
それがこの「F-1」なのですが、
シャッターが切れなくなってしまいました。

使わなくなった今でも、埃は被っていますが、
たまにシャッターを空切りしたり、
防湿剤を入れた箱にしまったりして、大事に取っていたのに、
どうしてだろう。。。。

特にカメラや写真に詳しい訳ではなく、
ただ、コンパクトカメラでは撮れない、広角レンズを使った写真や、
「バルブ」でしたっけ?シャッター開きっぱなしの写真、
それがやりたくて、
20歳くらいの時に買ったのです。
未だに動くし、いつかまた使おうと思っていたのに。。。。。

「電池切れ」とかあるのかなぁ、
当時、AEの付いてない、もっとシンプルなのが欲しかったのですが、
「旧F-1」というのが、どこにもなくてこれにしたんですよ。
何が原因なんだろう。
きっと、何か単純な解決法がありそう。。。。。
中古で買ったので、説明書なんかもちろんないし。
途方に暮れています。

直ったら、久しぶりにフィルム買ってこようかな。
懐かしいなぁ〜。
長尺フィルム買ってきて、自分でパトローネに巻いたり、
(たしか、コダックのT-MAXだったか、富士のプレスト)
焼いたりもしていたんですよ。

しかし、久しぶりに持っても、重いですね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)