2006年10月31日 (火曜日)

ハイドン:ピアノソナタ No.60

あまり人が弾かない曲で、
簡単そうな曲を探して弾くのって面白い。

と、思って選んだ曲が、
ハイドン:ピアノソナタ No.60 Hob.ⅹⅵ/50
ところが、、、、、私にはやっぱり難しいのね〜〜〜〜。
やっと前半が弾けるようになったのですが、
面白い曲です。

ハイドンの後期ピアノソナタは、あまりピアニストが弾いていないのですが、
一人、偉大なるお手本を弾いているピアニストがいます。
「グレン・グールド」です。
私、このお手本を聞いて、これならそこそこ弾けると思ったのですが、
超、難しかったです。

モーツァルトで何度も失敗しているのですが、
グールドは、あまりに軽やかに弾くので、
簡単な曲だと思うと、2年練習しても弾けない曲だったりします。。。
グールドはかなり鍵盤を軽くして弾いていると何かで読みましたが、
私の場合、鍵盤が重かろうが、アップライトだろうが、
それ以前の問題でした。。。。。

久しぶりの特訓のせいで、腕痛い。。。。
やっぱり毎日練習しないとならないんだなぁ。。。。。。

今回は気合い入れて完成させるぞぉ!!!!!

| | コメント (7)